一般社団法人日本原子力学会標準委員会では,以下の標準に関する講習会を開催いたします。 

「中深度処分対象廃棄物の放射能濃度決定方法の基本手順:2019」(2019年8月29日発行)

一般社団法人日本原子力学会標準委員会から,「中深度処分対象廃棄物の放射能濃度決定方法の基本手順」を改定・発行しました。原子力発電所等から発生する低レベル放射性廃棄物のうち,放射能レベルの比較的高い中深度処分の対象となる廃棄物中の規制核種の放射能濃度を評価するための基本手順を示した標準です。

中深度処分の対象となる炉内廃棄物等の放射能は,放射化による生成が主体であり,適切な領域区分を行うことによって,放射化計算を用いて廃棄物個別,又は類似の廃棄物をまとめて放射能評価が可能となります。中深度処分対象廃棄物の放射能濃度決定方法に関する標準的な手順を示した標準の内容及び関係する事項について,背景を含め,深く理解して頂くために,講習会を開催します。

本講習会では,標準策定に携わった方々を中心とした講師陣が,上記の標準の規定内容を解説します。

・開催日時:2020年10月15日(木) 13:30~16:30

・会  場:Webexシステムによる開催

・参加費講習会ではお手元に標準を準備して受講ください)
[標準を購入する場合(講習会+標準+送料のセット価格),税込み
 ・正会員 25,850円(学生会員 21,450円)
 ・非会員 31,350円(学生非会員 24,200円)
[標準を購入しない場合(講習会のみ価格),税込み
 ・正会員 8,800円(学生会員 4,400円)
 ・非会員 14,300円(学生非会員 7,150円)
※標準は,郵送させていただきます(送料550円)。
※請求書を郵送させていただきます。また、お振込みにつきましては講習会参加後にお願いします。お手数ですが、お支払いは翌月末日までにお願いします。

中深度処分放射能評価講習会プログラム

中深度処分対象廃棄物の放射能濃度決定方法の基本手順:2019

議事進行:LLW放射能評価分科会 幹事 大畑 仁史(原子力安全推進協会)

2020年10月15日(木) 
時 間 内 容 講 師(変更することがあります)
13:30~13:35 開会挨拶(議事進行) 大畑 仁史(原子力安全推進協会)
13:35~14:00 セッションⅠ:標準化の経緯について 高橋 浩之(東京大学)
14:00~15:30 セッションⅡ:放射能濃度決定方法及び放射能濃度決定手順について 柏木 誠(日揮(株))
15:30~16:00 質疑応答・意見交換 上記講師
16:00~16:30 修了式・閉会 高橋 浩之(東京大学)

・申込方法:2020年10月2日(金)までに下記より申し込みください。

(原子力学会への入会のお勧め)
入会金は, 正会員 2, 000 円, 学生会員無料です。講習会に参加される方で会員でない方は,この機会にぜひご入会下さい。詳細はこちらをご覧ください

お問い合わせ先:
日本原子力学会 標準課
E-mail: sc@aesj.or.jp
TEL 03-3508-1263