主催:日本学術会議総合工学委員会原子力安全に関する分科会
共催・協賛・後援:関連学協会

日 時:2020年9月30日(水)13:00~17:10
場 所:オンラインによる開催
参加費:無料(参加要領につきましては、おって本ページにてご案内いたします)

原子力総合シンポジウムは、我が国の原子力について総合的に議論を行う場として、日本学術会議と関連学協会が協力し、各界の識者を交えて、これまで50年以上にわたり中長期的視点から議論が行われてきました。東京電力福島第一原子力発電所の事故より来年で10年となる今日においてもなお、避難を余儀なくされている方々が多数おられ、今後も廃炉と復興はもとより、原子力安全について長期に亘る継続的な努力が必要です。

そこで、今回の原子力総合シンポジウムにおいては、「2050年の持続可能社会の実現にむけたシナリオと原子力学術の貢献」をテーマとして取り上げ、技術と社会の両面の視点からの議論を行います。その際、技術的な側面とともに、人文社会学的、社会心理学的側面の議論を行うことで、社会のニーズに応えられる原子力技術のありかたが議論されることを期待し、上記テーマのもと、3つの論点について基調講演とパネル討論を行い、総合討論により課題の明確化、将来の方向性について議論します。

プログラム

全体進行:柘植綾夫(日本学術会議連携会員、日本工学会顧問・元会長)

13:00 開会挨拶 大倉典子(日本学術会議第三部会員、芝浦工業大学名誉教授)

13:20 論点1「持続可能社会の実現にむけたシナリオ」
  司会:上坂 充(日本学術会議連携会員、東京大学教授)
  講演:秋元圭吾(日本学術会議連携会員、地球環境産業技術研究機構(RITE)システム研究グループリーダー・主席研究員)

14:10 論点2「エネルギーと環境との調和-イノベーションへの期待」
  司会:岡嶋成晃(日本原子力研究開発機構原子力エネルギー基盤連携センター長)
  講演:山口 彰(東京大学教授)

14:50-15:10(休憩)

15:10 論点3「エネルギーの確保-技術的要件と社会的要件」
  司会:松岡 猛(日本学術会議連携会員、宇都宮大学非常勤講師)
  講演:技術的要件:小宮山涼一(東京大学准教授)
  講演:社会的要件:野口和彦(日本学術会議連携会員、横浜国立大学客員教授)

16:10-17:00 総合討論
  モデレータ:山地憲治(日本学術会議連携会員、RITE副理事長・研究所長)
  パネリスト:秋元圭吾、山口 彰、野口和彦、小宮山涼一、土田昭司(関西大学教授)

17:00 閉会挨拶 中島 健(日本原子力学会会長、京都大学教授)

共催・協賛*・後援**学協会(予定)
エネルギー・資源学会
化学工学会
環境放射能除染学会
空気調和・衛生工学会
計測自動制御学会*
失敗学会
地盤工学会
電気化学会
電気学会
電子情報通信学会*
土木学会
日本アイソトープ協会
日本アーカイブズ学会*
日本医学放射線学会
日本応用地質学会
日本海水学会
日本海洋学会
日本化学会
日本核医学会
日本機械学会*
日本技術士会**
日本気象学会
日本原子力学会
日本建築学会
日本高圧力技術協会
日本航空宇宙学会
日本コンクリート工学会**
日本混相流学会
日本地震学会
日本シミュレーション学会
日本心理学会
日本セラミックス協会
日本地質学会
日本電気協会
日本農芸化学会**
日本非破壊検査協会
日本複合材料学会**
日本物理学会*
日本放射化学会
日本放射線影響学会
日本保全学会
日本溶接協会
日本流体力学会*
日本ロボット学会
プラズマ・核融合学会
溶接学会
レーザー学会*